漫画でわかる!自損なんだから、保険から施術費なんておりないよね?

自損や、また加害者でも保険は適応されます!

自損事故の場合、自分が悪いから、またお金に余裕がないからと、痛みをがまんして、専門機関にかからない方がいらっしゃるようですが、交通事故によるむち打ちは時間が経つほど改善が困難になります。ご自分で判断せず、できるだけ早く施術を受けていただきたいと思います。

何より、お金の心配は必要ありません!

自賠責保険、そして個人で入ってらっしゃる任意保険を使い、施術費だけでなく、慰謝料や通院にかかる交通費まで補償してくれる場合があるのです。

さらに、加害者になってしまったとき、 全面的にこちらに非がある場合でも任意保険によっては施術にかかる費用を負担してくれる場合もあります。

お金の心配をせず、まずはからだのことを優先して考えてください。

お気軽にご相談ください。

施術例

知多市 Sさん(20代・女性)

Sさんは車を運転中、バックをしていて他の車に衝突してしまいました。
事故直後、ご自分が加害者だったので、体中が痛かったにも関わらず病院には行かなかったそうです。

しかし、事故後5日ほど経ったころ、我慢ができないほどの痛みに襲われ、首が動かなくなったため、うちに来られました。

首から牽引と電気をあてる施術を行ない、その後、手技によって頚椎のラインを整え、2ヶ月で改善しました。

最初来られた時は、健康保険でお支払いされようとしましたが、Sさんに事故の状況などをお聞きし、Sさんが入られている任意保険が使えるとお伝えしました。

もちろん、その場合、施術費は無料です。

施術費だけでなく、慰謝料や通院にかかる交通費まで補償してくれる場合があります。

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

ページTOPへ